月ノ浦執務室

アクセスカウンタ

zoom RSS ○ 人のセックスを笑うな

<<   作成日時 : 2011/03/28 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



 純粋な青年と大人過ぎる女性の年の差不倫。不倫っていう間違った形の付き合いだけれど、そこには純愛があった、はずです。タイトルと本編は、わりと関係ないです。原作者の「恋愛に関する、ある種の偏見に対する文句」の言葉らしいです。

 松山ケンイチの、純粋だったり挙動不審だったりっていう、初期の頃から持ち味にしていた素朴な演技が見れる。デスノートのLで脚光浴びてからというもの、憑依型俳優なんて言われちゃっていたけど、こういう形の主演が回ってきて安心した。

 永作博美の魅力全開。頼りたくなる大人の凛々しさと、守りたくなる女性の弱さを見る。男が弱いシチュエーションばかりが続くが、はたして偶然なのか。罠か。とにかく、主人公はまんまと恋に落ちる。


 この映画の蒼井優の役どころと、演技が凄い好き。蒼井優は少女時代が全盛期と思っていたが否、黎明期とでも例え直そうか。大人になる蒼井優は「少女っぽい大人」みたいな、こんな役も見せるようになった。将来的にはそれこそ永作博美のようになって、年々で魅力的な演技を見せていく俳優さんになって欲しい。

 この話の第三の主役は、そんな蒼井優の演じる「えんちゃん」です。これは健気って言うのか。どうしようもないことへの無力を実感しながらも、結局行動出来ちゃうタフさが好きです。この「えんちゃん」の、「葛藤から生まれる行動力」に元気を貰う。


 音楽ほとんど無し、固定カメラメイン、役者の演技中心の見せ方が良いです。これは不倫の話なんで、そちらの良し悪しのジャッジは人それぞれでしょう。決して全肯定している話ではなく、苦しみをフィーチャーしている部分が多いと思うので、どちらかと言うと否定派って人こそ観れると思います。


人のセックスを笑うな [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人のセックスを笑うな [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○ 人のセックスを笑うな 月ノ浦執務室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる